何かとマウントをとりたがる人って、一緒にいてモヤっとするし疲れますよね……。
今回は私の友人であるK奈から聞いた、マウンティング大好きなママ友が成敗される「スカッとした話」を紹介します。
画像: ftnews.jp
ftnews.jp

他人をこき下ろすのが趣味のママ友

これは私がよく1歳の息子を連れて行く、近所の児童館で起こったお話です。
私はそこで、同年代の子供を持つA子とB美の2人と仲良くなりました。

A子は旦那さんが高給取りらしく、いつも高そうなブランドもので固めていました。
そんなA子と仲良くなるにつれて、自慢話や他の人を見下す発言が気になるようになってきたのです。

例えば、私がマンション住まいだと知ると「どこのマンション?何階?持ち家?」とすごい勢いで質問攻め。

渋々「5階建てで賃貸だよ」と答えるとプッと吹き出し、「この歳で賃貸はヤバいって(笑) うちのタワマンおすすめだよ!あ、お金ないからちっちゃいマンションなのか」と平気で嘲笑ってくるのです。

そんなことが多々あり、私はA子と距離を置きたくなっていました。

また、A子は飾り気のないシンプルな服装のB美に「またその地味な服着てるの?女捨てるの早すぎ」「◯◯ってブランドがおすすめだけど、結構高いからB美には縁がないかな?」とよく絡んでいました。

ニコニコしながら聞き流すB美。

しかしその後、2人の立場は大逆転するのです。

マウンティング好きママ友の「推し」

年の瀬がせまったある日、A子が嬉しそうに児童館のチラシを持ってきました。

「年明けの書き初めイベントに、C夫さんが講師として来るんだって!嬉しい〜♡」

A子は有名な書道家、C夫さんの大ファン。
「美容院予約しないと〜♡」とはしゃぐA子でしたが、この時彼女はまだ知りませんでした。

C夫さんが、B美の旦那だということを。

私はB美から口止めされていたので誰にも言っていませんでしたが、A子がB美にマウンティングをする度に、「我慢しないで、早くカミングアウトすればいいのに」とモヤモヤしていました。

そして書道イベントで、ついに真実が明かされたのです。

驚愕のあまり醜態を晒すママ友

書道イベント当日、正面の一番前のスペースを陣取るA子。
A子の1歳の娘がぐずっているのもお構いなしに、手鏡を見ながら入念にメイクを直しています。

そこへC夫さんが、B美と一緒に登場。
みんな「なんでB美さんが隣にいるの?」「設営のお手伝いかな?」とザワザワしています。

A子は鬼の形相で2人に駆け寄り、「ちょっとB美!そんなに近づいて、C夫さんに失礼でしょう!」とB美を突き飛ばした後、顔を赤らめて「…あ、あの、私、A子と申します♡」とC夫さんに自己紹介までしています。

そんなA子に、C夫さんは笑顔で言いました。
「A子さん、初めまして。B美の夫のC夫と申します。いつも妻から、A子さんとの楽しいお話をたくさん聞いていますよ。」

それを聞いたとたん、A子の赤かった顔が真っ青になりました。
まるでムンクの叫びような表情で「ひえええぇぇ!?」と悲鳴を上げながら後ろに倒れるA子。

腰を抜かしてしまったA子は自力で立ち上がれず、児童館のスタッフの方に運ばれていきました……。

そんな一部始終を、間近で見物していた私は笑いが止まらず。
日頃受けていたマウンティングの鬱憤が、スカッと晴れた出来事でした。

その後、私はA子と距離を置きました。
A子はB美にすり寄っていますが、まったく相手にされず、児童館でもヤバい人認定されて孤立しています。

最後に

周囲の人に嫌な思いをさせていると、必ず自分に返ってきます。
自分もマウンティングのような発言をしているかも……と少しでも思った人は、すぐにやめましょう。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:Hinano.N


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.