仏の顔も三度まで──結婚生活で何度も不倫を繰り返す夫には、愛想が尽きても仕方ありません。このお話は筆者の友人・H子から聞いた離婚エピソード。良妻賢母の鑑のようなH子が、離婚を決意したその理由とは?
画像: 夫「俺、彼女と再婚するよ」浮気した女と【意味不明の再婚宣言】──怒り心頭の嫁が離婚に応じたワケは?

女癖の悪い夫

私の夫は見栄っ張りで、激情型なので、すぐに女性にのめり込む癖がありました。
私はほぼワンオペで家事・育児・仕事をこなしていたのに、夫は家庭を顧みず浮気……。

結婚後、何度か女性問題を起こしていたのですが、育ち盛りの子ども達のためと言い聞かせて、私は目をつむってきていたのです。

忘れ物

ある日、夫が自宅にスマホを忘れて出勤してしまいました。
リビングに置いてあったスマホの通知画面には、着信音とともに、いくつものメッセージが。
画面に表示されているメッセージは、全て同じ女性からで、どうやらまたしても不倫をしていることがわかりました。

夫はスマホを忘れたことに気付いて、すぐに取りに戻ってきましたが、時すでに遅し。
私にバレたことがわかると「俺はお前と離婚したい。慰謝料も養育費もきちんと払うから、離婚してくれ。」と言い出したのです。

夫の申し出

夫は女性とはSNSで知り合い、年齢は15歳も年下だと言いました。
何度か実際に会って、惚れこんでしまったと熱く語る夫の姿は、あまりのバカさ加減に呆れてしまいました。

今までのこともあったので、堪忍袋の緒が切れた私は離婚を承諾。
その代わり、弁護士を入れて、養育費と慰謝料をきっちり払うことを条件に出しました。
夫は「迷惑かけたんだから、きちんと払うよ!」と何故か上機嫌。
腹が立つというよりも、バカバカしくて笑ってしまいそうでした。

大誤算

離婚の手続きが進み、私と子ども達は家を借りて新生活を始めました。
しかしその後、夫は美人局に騙されていたことが判明したのです!

どう考えても不自然な出会いだったのに、勝手に盛り上がった夫……。
私に泣きついてきましたが、今さら許すわけがありません。

私は、夫が不倫をすると散財することがわかっていました。
今までは何とか我慢してきましたが、女癖の悪さは治らなかったので、これ以上家計を圧迫するようなことをするのであれば、離婚した方が早いと思ったのです。

不倫夫の末路

その後、夫は不倫で作った借金の返済や、慰謝料や養育費の支払いのために家を売却し、実家に戻りました。
義両親は孫たちをとても可愛がってくれていたので、夫の不貞で離婚が決まったことに激怒!
夫は実家に戻ったものの、肩身の狭い生活をしているそうです。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:RIE.K


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.