「仲良くなったママ友に裏の顔があったら……!?」と考えたことはありますか。ママ友との距離感が近くなるにつれて、今まで見えてこなかった部分まで見えてしまうことがあります。今回は私の友人A子さんから聞いた、自分の家に招待したがるママ友の真の目的を知ってしまった話を紹介します。

手土産目当てだった……

「ママ友がお菓子を持参してくれたなら、自分なら飲み物くらい出すけどなあ」と価値観の違いも気になり始めたA子。その後ほかのママ友からの情報で、「B子は客が持ってくる手土産目当てで自宅に招く」ことが判明しました。手土産を持参しないママ友は、二度と誘わないそう……。

B子本人から聞いたわけではありませんが、真の目的を知ってしまったA子は、B子から自宅で遊ぼうと声を掛けられても自宅には行かず、公園やショッピングセンターなど外で会うようになりました。

親はお菓子目当てでも、子ども同士が仲良く安全に過ごせるのであれば、自宅にお邪魔するのもありかもしれません。しかし、手土産にイチイチ文句を言うのは明らかにマナー違反ですよね。大人としての対応ができる、常識的なママ友を持ちたいものですね。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:ichika.K


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.