2023年ltnで読者から人気だった記事をご紹介するアンコール企画記事をお届け!今回は、筆者が友人から聞いた、心温まるエピソードをご紹介します。記事を読みながら、今年の思い出を振り返ってみては?
画像: 「待って! どこ行くの!?」ベビーカーを運んでくれる好青年♡のはずが → 行先は──!?

ベビーカーに乗ってくれない子

Aさんは1歳の子どもを育てるママ。今日も子どもをベビーカーに乗せて散歩をしていると、子どもがぐずって泣き出してしまいました。抱っこをせがまれたのでAさんは子どもを抱っこしましたが、そうなるとベビーカーは邪魔になってしまいます。

そこでAさんはベビーカーを畳んで、子どもを抱っこしながら畳んだベビーカーを持ち歩くことに。季節は夏。暑い中、子どもとベビーカーを抱えて歩くのはとても大変でした。

「持ちますよ」声をかけてくれた青年

大変な思いをしながら歩いていたAさんを後ろから追い越していった青年がいました。1度は追い越していった青年でしたが、道を引き返してきてAさんに声をかけてくれます。

「持ちますよ、それ」

そう言うとAさんが答えるよりも先にベビーカーを肩からとって、Aさんの代わりに持ってくれたのです。若い男性からの思わぬ親切に驚きつつも嬉しかったAさんは、感謝を伝えありがたく青年の手を借りることにしました。

「ちょっと、ついてきてください」

青年はそう言うとAさんのベビーカーを持ったまま、どんどん先を歩いていきます。何も説明されないままどこかへ歩いていくので、Aさんは少し不安になりました。

どこへ連れていかれるんだろう?
もしかして、何かの勧誘? やっぱりただ優しい人なんていないんだ……。

不安な気持ちになりながらもベビーカーを返してもらわなければいけないので、Aさんは青年についていきました。すると、青年が入っていったのは見知らぬビルでした。

青年の親切心

「こんなビルに入って何をされるの?」

怯えていたAさんに、やっと青年は説明してくれます。

「ここ、無料で休憩できる穴場スポットなんです。顔、真っ赤だったから休んだ方がいいと思って……」

暑い中、重い荷物と子どもを抱っこして歩いていたAさんは今にも熱中症になりそうだったようです。青年はそんなAさんの様子を見て、休憩所へと連れていってくれたのでした。

言葉が少なかったため少し怖い思いをしてしまったAさんでしたが、青年の真意を知ってとても嬉しくなりました。丁寧にお礼を言うと青年は気持ちよく去っていきます。

優しい青年と触れ合ったAさんは、我が子もあんな風に優しく育ってくれるといいなあと願ったそうです。

まとめ

行き先が分からないままついていくのは少し不安になりますが、ベビーカーを運んでくれて、休憩スポットまで教えてくれるという、あったかエピソードでした。青年のように、困っている人を見つけたらすぐに手を差し伸べられる人が増えるといいですね。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:安藤こげ茶


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.