身近な人が突然、余命宣告をされ介護が必要になったらどうしますか? 自分の生活をすべて捧げ、最後の時を一緒に過ごしたいと思うのではないでしょうか。しかし中には、長年連れ添った夫の介護を嫁に押しつける義母もいるようです……。
画像: ftnews.jp
ftnews.jp

義父の余命宣告

数年前、Aさんの義父は会社で倒れて救急搬送されました。

命は取り留めましたが、精密検査で重い病気が見つかります。

手術をしても回復の見込みがなく、余命宣告をされました。

そこで義母と夫たちは、義父との残された時間を家族と自宅で過ごすことにしました。

夫の介護を嫁に押しつける義母

当時、義母は会社員としてバリバリ働いていました。

管理職だったので休みが取れず、近所に住んでいるAさんに義父の介護を頼んできたのです。

このころAさんは、結婚を機に職場を退職したばかりでした。

新しい仕事を探す予定もなかったので、快く引き受けてしまいました。

Aさんは、介護は義母が中心におこない自分はヘルプぐらいかな? と思っていました。

しかしなんと、義母はAさんに義父の介護をすべて任せっきりにしたのです。

病院やヘルパーさんとのやりとりはもちろん、食事の介助や排泄の処理までひとりでやることに……。

Aさんは、ここまでやるとは思っていなかったそうで、数ヶ月でノイローゼになってしまいました。

義母が実際に介護をしたのは、義父が亡くなる最後の2週間ほどだったそうです。

嫁「夫の墓には入りません」→義母は反論できず

義父の死後、Aさんは義母から「私のあともお墓を守ってね」と当たり前のように言われます。

Aさんは義母の言葉にカチンときて「前々から言おうと思っていたのですが……」と前置きし「私は、夫の墓に入りません!」と宣言。

そして「自分は樹木葬や海洋散骨を希望している」と、伝えたのです。

しかもAさん「お墓の修繕や維持費もかなりかかるので、お義母さんがお元気なうちに、ぜひ墓じまいをしてくださいね」とにっこりと笑いかけたそう。

さすがの義母も、Aさんの圧力に押されたのか「そうですか……」と言ったまま黙りました。

今回は筆者の知人Aさんが、義母から義父の介護を押しつけられ、その後見事に反撃したエピソードをご紹介しました。

このあと義母はお墓をどうするのでしょうか?

介護の次は、お墓をめぐるトラブルに発展しそうですね。

ftnコラムニスト:広田あや子


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.