不倫相手に本気になってしまい、旦那を捨てて一緒になりたいと思う人もいるものです。しかし必ずしも不倫相手が、全てを受け入れてくれるとは限りません。そこで今回は知人から聞いた「子供を連れて不倫相手のもとに行った話」をご紹介します。
画像: ftnews.jp
ftnews.jp

不倫している主婦

主婦のAさんは、大きな悩みを抱えていました。実はAさん、旦那に隠れてこっそり不倫していたのですが、その不倫相手を本気で好きになってしまったのです。

旦那も悪い人というわけではありませんが、不倫相手のほうが男性として魅力的……。

Aさんはどうしても自分の気持ちには逆らえず、不倫相手と一緒になりたいと考えていたのです。そして決断します。

旦那を捨てて、不倫相手と一緒になろう……。

準備を進めるが……

決意を固めたAさんは、すぐに行動します。荷物をまとめ、不倫相手に連絡。決意を固めたことを不倫相手に伝えると、彼からは「一緒になろう」と嬉しい返事をもらえました。

そして家を出て行こうとしたのですが、そこで踏みとどまります。

Aさんには5歳になったばかりの息子がいました。

「あの子を置いてはいけない」

そこでAさんは息子を連れて、不倫相手のもとに行くことにしたのです。

不倫相手からの言葉

「無理だよ」

不倫相手のもとに子供を連れて行ったAさん。しかし子供を見た不倫相手は、こんなことを言ってきました。

「子供が一緒だなんて聞いてない」そう言う彼に、Aさんはなんとかお願いしますが、聞き入れてもらえません。そして……。

「子供は捨ててきて」と言われてしまいました。

不倫相手か子供か

子供を選んで家に戻るか、それとも子供を捨てて不倫相手を選ぶか……。Aさんはその選択をしなければならないことになりました。

子供のことは心の底から愛しています。しかし不倫相手のことも諦められません。また、今さら家に戻れば、確実に旦那に不倫していたことがバレてしまうでしょう。

そしてAさんは決断します。

「ごめん。やっぱり子供は捨てられない」

その後、Aさんは子供を連れて家に戻りました。旦那に不倫したことはバレましたが、何度も謝罪してなんとか許してもらうことができたそうです。

どれだけ相手のことが好きでも、子供を捨てることなどできないですよね。親として正しい選択ができて良かったです。

ltnコラムニスト:ふくろうクジラ


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.