ジャケットやカーディガンに袖を通さず、肩に掛けるだけでおしゃれ上級者に仲間入りできます。そこで 今回は、アウターの肩掛けでおしゃれにになるコーディネートをご紹介します
手持ちアウターでもできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

関連記事もチェック 骨格診断 身長別春のカジュアルアウターの着こなし方

アウターを肩掛けする理由

アウターを肩掛けすることで、体が華奢に見えたり、抜け感を演出できます。

袖を通さないだけで華奢に見える

画像: アウターを肩掛けする理由

アウターを肩掛けする理由

ジャケットに袖を通さず肩掛けスタイルにすると、腕の存在感がなくなるので華奢に見える効果があります。肩にもゆったりとした落ち感が出て、上半身がすっきり見えますよね。写真のようにネイビーのノーカラージャケットは引き締まって見えるので、より華奢見えが叶いますよ。

アウター肩掛けで抜け感が生まれる

画像: アウター肩掛けで抜け感が生まれる

アウター肩掛けで抜け感が生まれる

アウターに袖を通さず肩掛けスタイルにすると、よりリラックスした雰囲気が生まれます。ジャケットで引き締めたいけれど堅苦しいスタイルにしたくないコーデには、ジャケットの肩掛けがぴったりです。ワンピースなど女性らしいアイテムを中心としたコーデにも相性が良いので、試してみてくださいね。

ダサいアウター肩掛けにしないコツ

アウター肩掛けをダサくしないためには、下半身のコーデをスッキリさせることが重要です。

また、膨張してしまいがちなホワイト系のアウターは、スッキリとしたロング丈のものがおすすめ。

アウター肩掛けの鉄則は「下半身すっきり」

画像: アウター肩掛けの鉄則は「下半身すっきり

アウター肩掛けの鉄則は「下半身すっきり

アウターを肩掛けすることで肩回りがすっきり見えると先述しましたが、全体のシルエットとしては上半身にボリュームがあるスタイルになります。下半身はすっきりしたパンツやIラインスカートを合わせるのが鉄則ですよ。足首が見えるコーディネートにすると、抜け感が出てよりおしゃれに◎

ホワイト系アウター

画像: ホワイト系アウター

ホワイト系アウター

ホワイト系アウターもおしゃれに肩掛けが可能です。ショート丈でもロング丈でも取り入れられますが、おすすめはロング丈です。膨張して見えやすいホワイト系も、美シルエットアイテムであるロング丈でカバーできますよ。春らしいワントーンコーデをする際は、肩掛けアウターを試してみてください。

アウター肩掛けにおすすめのアイテム

アウター肩掛けコーデに合わせやすい、おすすめのアイテムは下記3つ。

  • テーラードジャケット
  • ノーカラージャケット
  • フレアパンツ

それぞれどのように合わせるか見ていきましょう。

テーラードジャケット

画像: テーラードジャケット

テーラードジャケット

テーラードジャケットを肩掛けするだけで、きれいめコーデやハンサムコーデに仕上がります。

きちんと感があるジャケットを肩掛けし、こなれ感を演出しましょう。

ノーカラージャケット

画像: ノーカラージャケット

ノーカラージャケット

通勤などきちんとしたシーンで取り入れやすいノーカラージャケット。

センタープレスパンツと合わせることで、肩掛けしたときにラフになりすぎません。

※ここまでのすべての画像出典は、#CBKです。

フレアパンツ

画像: フレアパンツ 画像出典:WEAR

フレアパンツ

画像出典:WEAR

フレアパンツ合わせるアウターを肩掛けして着崩すことで、メンズライクなこなれ感を演出できます。

特にオーバーサイズのアウターがおすすめ。

アウターを肩掛けするだけで、いつものコーデがぐっとアカ抜けスタイルに早変わりしましたね。

全体のシルエットやバランス次第でおしゃれさが決まるので、コーディネートの際は参考にしてください。

寒暖差のある季節は特に活躍するアウター肩掛け、取り入れてもっとおしゃれさんを目指しましょう♪

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.