季節も変わり日差しが眩しい時も増えてきましたね。そんな今日この頃には、やっぱり「キャップ」が最適。そこで、キャップを使ったコーデをお届けします。スッピン隠しにも使えて、ササっとお出かけしたいご近所コーデにもおすすめです。

キャップで作るガーリーカジュアルコーデ

画像1: 出典:#CBK

出典:#CBK

キャップと言えば、カジュアルなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか? でも、こんな花柄のキャミワンピースと合わせることで、ちょうどいいガーリーカジュアルコーデに仕上がります。靴をスニーカーにするなど、カジュアルとガーリーのバランスを取るのもポイント! カジュアル過ぎるスタイルに抵抗がある方でも、これなら取り入れやすいかもしれません。

ベージュキャップでスタイルアップ

画像2: 出典:#CBK

出典:#CBK

どんどん気温が上がっていくと、服や小物も明るい色のものが身につけたくなりますよね。ショート丈のジャケットを羽織ったこちらのコーデは、顔色が明るく見えるベージュのキャップを被って完成。明るめカラーのキャップと短めトップスで視線を上げつつ上半身を軽くすれば、スタイルアップも狙えます。

モードスタイルもキャップで抜け感を

画像3: 出典:#CBK

出典:#CBK

テーラードジャケットにフレアパンツで、上下ブラックでまとめたモードスタイル。そこにブラックのキャップを被ることで、統一感を持たせつつ抜け感をプラス。キャップと同じくスポーティーな印象のスニーカーやバッグをモード系にするなど、調和を保ちながら小物を選ぶのも重要。全体的にブラックのアイテムが多いので足首や手首を出して程よく肌見せをし、重たくならないようにしましょう。

ボーイッシュなキャップコーデはレイヤードで差をつける

画像4: 出典:#CBK

出典:#CBK

Tシャツ×ハーフパンツに、キャップを被ったボーイッシュなこちらのコーデ。Tシャツのインナーに、ギンガムチャックのシャツを持ってきてレイヤードスタイルに◎ レイヤードにすることにより、ボーイッシュなコーデも幼く見えずサマになります。休日にちょっとご近所まで・・・という時も素敵ですね。

※すべての商品情報・画像は#CBK出典です。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer :Ai

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.