長さはあまり変えたくないから・・・と毎回同じ髪型になってしまう人はいませんか? そんな人にもおすすめなのが「レイヤーヘア」。髪の表面を短く、内側を長くして段をつける髪形なので、全体的な長さはあまり変えなくても雰囲気が変えられちゃいます! 簡単におしゃれヘアになれちゃうので、是非参考にしてみてください。

小顔効果や絶壁解消も実現

画像1: 出典:Instagram

出典:Instagram

内側を外巻き、表面を内巻きにワンカールしたこちらのレイヤーヘア。ワンカールなので、スタイリングが苦手な人でも楽に決まっちゃいます。後ろ姿がふわっとなるので、絶壁解消も実現◎ 顔周りは、くびれができ小顔効果もあります。もちろん巻かなくても、まとまりあるナチュラルスタイルになります。

ロングはキープしつつ難なくイメチェン

画像2: 出典:Instagram

出典:Instagram

せっかく伸ばしたロングヘア、長さをキープしておきたいと思う人も多いはず! そんな人こそやってほしいのが、こちらのレイヤースタイル。ニュアンスのあるレイヤーを全体的にたっぷり入れているから、大きく動く毛先から大人の女性らしさが溢れています。これだけでもいつものロングヘアと違い、難なくイメチェンが成立。

立体感ある巻き髪スタイルに

画像3: 出典:Instagram

出典:Instagram

ロングヘアならではのエレガントな巻き髪。 普通のロングヘアで巻き髪をしても可愛いですが、レイヤーカットにしておくことで、立体感がでてよりふんわりした軽やかなヘアスタイルが完成。カールやスタイリングを変えれば驚くほど雰囲気が変わるので、気分に合わせて印象をチェンジしたい人にもおすすめ。

初心者でも挑戦しやすいレイヤーカット

画像4: 出典:Instagram

出典:Instagram

「レイヤーカット気になるけど、やったことないし・・・」と大胆にレイヤーを入れる勇気が出ない人もいるかもしれません。そんな人にも挑戦しやすいこちらのレイヤーカット。段差が少ないので、スタイリング次第ではあまりレイヤー感を強調させず、自然な印象に仕上がります。もちろん、今っぽいくびれ感と毛先の動きはしっかり取り入れられますよ。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@yushi_e02様、@kimuraippei様、@euphoria_ginza01様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer :Ai

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.