昨今の美容業界の「グロウ肌」トレンドを牽引するブランド【FEMMUE(ファミュ)】から待望の新商品が登場!
肌の内側から発光するような輝きがある「水光肌」がつくれると話題の「グロウドロップス(美容液)」の魅力に迫ります。ブランド創設者でありクリエイティブディレクターのケリー・ジョンさんおすすめの使用法まで解説いたします!

【FEMMUE(ファミュ)】ってどんなブランド?

画像: 出典:FEMMUE

出典:FEMMUE

2015年に「ナチュラル×サイエンス」の融合をコンセプトにスタートした【FEMMUE(ファミュ)】。

ブランド創設者のケリー・ジョンさんは、幼少期よりコスメに魅了され、韓国のビューティ業界でチャンネル管理や営業として活躍し、その後、4年の研究開発期間を経て、【FEMMUE】をローンチ。

フラワーセラピーの哲学を取り入れながら、自身の審美眼にかなったアイテムを産み出し、韓国だけでなく世界中の女性を魅了し続けています。

ブランド創設者のケリー・ジョンさん 出典:FEMMUE

アイテムは、スキンケア効果だけでなく、花がもつ美しさを感じながら心も満たす特別な体験を女性たちにもたらしてくれます。

【FEMMUE】は「FEMME(女性)」と「MUE(変化)」をかけ合わせた言葉だそう。「自分を愛し始める瞬間から、女性は美しく変化していく」という、ケリーさんの想いが詰まっています。

不安定な状況が続く中でもしなやかに、美しく変化していく女性たちのお守り的ブランドと言えそうです。

新製品は美容液。オイルと水分が理想的なバランスに

画像: 「グロウドロップス(美容液)」30mL ¥7,570(税込) 出典:FEMMUE

「グロウドロップス(美容液)」30mL ¥7,570(税込)出典:FEMMUE

世界的ビューティトレンドの「グロウ肌」は、アメリカはシルクのような滑らかグロウ、フランスは自然な色気を感じるグロウなど、同じグロウ肌でも各国それぞれニュアンスが異なります。

韓国風グロウ肌は、キラキラ光る「水光肌」に代表されるように、パッと光を感じる潤いのあるお肌が特徴。今回新発売される「グロウドロップス」は、まさに韓国風グロウ肌をつくるのに欠かせないアイテムとなりそうです。

「グロウドロップス」は、オイルと水分の理想的なバランスを研究し、潤いで満たされて、内側から発光するような輝きとハリ感のあるお肌を追求して完成したもの。特殊技術でミクロな均一構造にして、お肌の奥まで潤いで満たされるような製品作りにこだわったそうです。つけ心地は軽やかですが、しっかりとボリュームを感じる逸品です。

香りは、シダーウッド、ゼラニウム、ジャスミンの精油をブレンドし、優雅なフローラルの中にハーバルな清潔感を感じられ、心まで癒されます。

この新製品は、ケリーさん自身が多忙な日々でお肌がくすんでしまったことをきっかけに、数年間かけて開発・テスト・改良を続けてきたこだわりのアイテムだそう。
本製品の発表会では、「(研究を重ね)数年間こっそりと使っていました。私のビューティシークレットアイテムです。」と茶目っ気たっぷりに紹介していました。

ケリーさんおすすめ! 新製品とあわせて使いたいブースターセラム

画像: 「ルミエール ヴァイタルC(美容液)」30mL¥8,800(税込) 出典:FEMMUE

「ルミエール ヴァイタルC(美容液)」30mL¥8,800(税込)出典:FEMMUE

ケリーさんがおすすめする新製品「グロウドロップス」の使用法は、「ルミエール ヴァイタルC」とあわせて使うこと。
「ルミエール ヴァイタルC」は、ブランドデビュー当初から現在まで人気を得ている、ビタミンC誘導体と3つの美白成分が配合された美容液です。

「グロウドロップス」には、ビタミンCと相性の良いビタミンE成分が含まれているため、ルミエール ヴァイタルC→グロウドロップスという順番に使うのがおすすめだそうです。

より保湿をしたい場合は、この後にモイスチャライザーかアイディアルクリームを重ねてください。
とはいえ「グロウドロップス」だけでも十分な保湿力があるので、夏場や時間がない時は1本で済ませてもOKのお品だそう。

華やかな香りに包まれながらケアを楽しみましょ♡

新製品「グロウドロップス」は、その実力もさることながら、花のエッセンスを使用した香り高さにも注目です。
心もお肌も健やかにしてくれるので、この春ブームとなりそうな予感!

2月19日(金)から公式オンラインストアとMake↗︎Kitchenで先行発売を開始するので、お見逃しなく。

アリエルトレーディング
TEL:0120-201-790 (月~金 10:00~17:00 ※土・日・祝休)

WRITER:S.TSUKAMOTO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.