皆さんこんにちは、バンコク在住のSatです。

 

旧市街の真ん中に突如現れるアートな建物があります。その正体は、去年オープンしたブティックホテルThe Khehaです。

サンスクリット語で「家」という意味のホテルは全4部屋あり、それぞれの部屋にテーマの異なるコンテンポラリーアートが壁一面に描かれています。

画像3: タイのコンテンポラリーアートを堪能できるホテル

タイというと「暑い、辛い、安い!」みたいなイメージが強いですが、実はアートもなかなか面白いんですよ。日本と比べるとかなり賑やかなタイのお寺のように、アートもカラーやタッチが賑やかな印象ですが、見ていてパワーをもらえる雰囲気です。

私達が泊まった部屋のテーマは「マライ」。ジャスミンで作られたタイ伝統の花飾りです。

ファシリティとしてはかなりシンプルなお部屋ですが、素泊まりとしては申し分なしです。

次回は一階のカフェレストランについてご紹介しますね。

The Kheha

590 Bamrung Mueang Rd, Wat Thepsirin, Pom Prap Sattru Phai, Bangkok 10110

093-446-2874

thekheha@gmail.com

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.