GoToトラベルはスタートしたけど、まだまだコロナは心配!ということで、飛行機や新幹線を使わないで近場を楽しむ「ステイケーション」に注目が集まっていますね。そのなかでも、気になるのが都道府県の魅力度ランキング最下位を脱した茨城県!JR土浦駅に今年3月ソフトオープンした星野リゾートのNEWホテル「BEB5土浦」に行ってきました(^^)

安い!キレイ!広い!とにかく便利な駅直結ホテル!!

3月にソフトオープン、10月にグランドオープンしたBEB5土浦は、JR土浦駅から徒歩ゼロ分の駅直結型ホテル。改札を出て目の前がエントランスというのも、きちんと理由があるので後でお伝えしますが、まず驚いたのが宿泊金額です。「居酒屋以上 旅未満 ルーズに過ごすホテル」をコンセプトにするBEBは、星野リゾートの中でも若い人たちに楽しんでもらうために金額も元々がお手頃。BEB5軽井沢でも一泊一室15,000円(2名利用で1名7,500円〜、税・サービス別、食事なし)で気軽に宿泊できる・・・という感じだったのに、BEB5土浦はそれを上回る一泊一室12,000円(2名1室利用時1名あたり6,000円〜、税・サービス料別、食事なし)とビジネスホテルとほぼ変わらないプライスで宿泊できるんです。

こちらが3種類ある宿泊ルームのうちの一つ「サイクルルーム」。30平米以上の広さで、自転車をルーム内に入れることができます。本当にお世辞抜きでゆったり広々していて、シングルベッド2つのツインルームでこの余裕!奥にあるロングソファでゴロゴロできます♪

壁に描かれた自転車のイラストやBEBクッションなど、お部屋のインテリアやデザインもいい感じ。ホテルでよくある客室内の電話はありませんが、ミニバーやタオル類、電気ケトル、歯ブラシなどの簡易アメニティはちゃんと付いています。お風呂も広めでシャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔はアリ!逆に寝間着や基礎化粧品などのスキンケアアイテムはありません。とはいえ、近くにドラッグストアもあるし、寝間着も200円でレンタルできるので忘れ物をしても安心です(^^)

こちらのお部屋「ヤグラルーム」は上段がベッド、下段がソファベッドで3名まで宿泊ができるタイプ。秘密基地のようなつくりです。

フードやドリンクは、お部屋への持ち込みOKなので、ベッドの上で女子会なんかもできます。

サイクリング好きの間で口コミ人気急上昇!

駅直結だし、値段もお手頃だし、新しいし、キレイだし・・・と良いこと尽くしのBEB5土浦ですが、おそらく多くの人が思うことが「土浦で何するの?」という疑問ではないでしょうか。実は土浦というエリアは、日本最大級のサイクリングコース「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の玄関口!茨城県で有名な筑波山や霞ヶ浦を中心とした全長約180㎞のナショナルサイクルルート指定コースとして知られているサイクリングの有名スポットなんです。

BEB5土浦も、そんな自転車好きたちを応援すべくサイクリングしやすい環境しているのだとか。上の写真のようにホテル内に自転車を調整する工具やスペースが設けられていたり、自分のマイ自転車を持ち込みできるよう自転車ごと入れる改札前がエントランスに繋がっていたり。先ほど紹介した「サイクルルーム」は、まさに自転車好きさんにピッタリのお部屋というわけです。

もちろんサイクリング初心者さんでも大丈夫!お好きな自転車が分単位でレンタルできます。宿泊者なら前日20:00までに予約すれば「朝焼け絶景サイクリング」のミニツアーにも参加するのもおすすめ。自転車をはじめ、ヘルメット、タンブラー、マグカップ、軽食、自撮り棒など必要アイテムがセットになって参加費2,200円(税別)とお手頃です。日本で二番目に大きな湖「霞ヶ浦」で拝む朝焼けは、本当に素晴らしいそうですよ!天候により左右されますが、リフレッシュしたい方は、ぜひ予約してみてください。

24時間営業のラウンジも仕事から遊びまで使い方いろいろ!

BEB5土浦のおもしろいところ、まだまだあります。珍しいホテルだな〜と思ってしまうのが、朝まで過ごせるパブリックスペース「TAMARIBA」を推しているところ。24時間営業のカフェラウンジになるのですが、量り売りのワインやビールがあったり、フルーツなどを買って、ミキサーが付いた自転車「フェンダーブレンダー」でスムージーを作ったり。UNOやジェンガなどゲームもあるので、仲間や友達とそれこそ朝まで遊べます。

グループで遊ぶ以外にも、パソコンを開いて仕事をしたり、マンガを読んだり1人の時間を楽しむのも◎。自転車マンガで人気の「弱虫ペダル」もTAMARIBAに置いてありました!

フードとドリンクを並べてワイワイできる!行き当たりばったりでも存分に楽しめちゃいます。

ちなみに、このTAMARIBAでは1日3,000個売れる伝説のスイーツ「メロンまるごとクリームソーダ」が飲めるのもポイント。野外フェス・ロッキンジャパンで有名なスイーツですが、BEB5土浦で公式販売店舗に認定!メロンの種だけをくり抜いて凍らせ、メロンソーダを注ぎ、バニラアイスを添えて登場するその姿は圧巻の一言。ザクザク果肉を削ってバニラアイスと一緒に味わったり、食べ応え満点の贅沢スイーツです。見かけたら、ぜひ食べてみてください♪

ちなみに朝食や夕食は、駅内で繋がっているプレイアトレがオシャレ。上の写真は、茨城県内の人気ベーカリー「クーロンヌ」の朝食セットですが、このクロックムッシュが絶品!サラダと今日のパン2種、ドリンクがついてお得ですよ。

プレイアトレでランチ&お土産も楽しんで!

サイクリングだけじゃなくワーケーションや女子会のような使い方もできるBEB5土浦ですが、チェックアウト後も荷物を預けられるので観光が楽しめます。サクッと行くならお隣のプレイアトレは、お土産探しやランチに最適ですよ。

プレイアトレ2Fにあるカフェ「NANAIRO Eat at Home!」は、テーブル・カウンター・座敷の3種から自由に選べます。奥にはキッズスペースや卓球台があるので、ファミリーにもおすすめです。

茨城のお土産もプレイアトレでゲット。フードショップとブックストアを組み合わせたエリアやワーキングスペース、クッキングスタジオ、レンタサイクルなど、さまざまな施設やサービスがあります。グッドデザイン賞2020を受賞しているだけに、とにかく今っぽくてオシャレ! 帰りの電車に合わせてギリギリまで楽しめるのは嬉しいポイントです。

城下町の古民家カフェは穴場スポット!

ちょっと土浦周辺も満喫したい・・・と思うなら、城下町の名残がある亀城公園。土浦駅から自転車なら5分くらい、歩いても10分くらいと気軽に行ける距離です。この周辺には古民家カフェが点在していているので、カフェ巡りが好きな人は要チェック!

いくつかある古民家カフェから選んで行ってみたのが、亀城公園の向かいにある「城藤茶店」。戸を開けて靴を脱いで、まさに本物の古民家!!古本がたくさんあって、タイムスリップしたかのような、古き良き静寂なカフェでした。

レンコンとひよこ豆のカレー。茨城県の特産物レンコンがシャキシャキで美味しい!辛口系が好きな方には物足りないかもしれませんが、とってもやさしい味です。

モチモチ感がたまらない、お餅ワッフル(450円・税別)も美味。時間の流れがゆったりしていて1人でも来られる雰囲気でした。

カジュアルでおしゃれなホテルステイができる星野リゾートのBEB5土浦。満足度の高いプチ旅行がしたいな〜という方は、ぜひ訪れてみてください!

Instagram

www.instagram.com

isUmi
https://www.instagram.com/izumi_tabism/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.