アクセサリーというと、普通はシルバーや真鍮などの素材がオーソドックスですよね。でも、日本古来の金属で環境にも優しい“錫(すず)”で作られたアクセサリーブランドがデビューしました。その名も【kan】。ちょっと珍しいkanと「錫」の魅をご紹介します。

kanってどんなブランド?

「錫」って何?殺菌効果も!

画像: 「錫」って何?殺菌効果も!

わかりやすく表現すると「錫=希少性の高い柔らかい金属」です。手で曲げられるほど柔らかいことが最大の特徴。万が一落としてしまっても割れにくく、変形してしまったとしても自分の手で直せちゃいます。また、錆びにくく、有害物質が溶け出さない為、とっても安心。

そして、なんと錫には殺菌効果があり、ある研究では、錫製の花瓶に入れた切り花の切り口には雑菌がつかないことが証明されたのだとか。現在ではベビースプーンにも錫が用いられており、赤ちゃんの小さなお口のサイズに合わせたり、ママやパパが持ちやすいように形を変えられる優れもの。錫はこのように、錫特有の性質を活かし、日常生活で使う様々な物に用いられています。

経年変化が少なく、じっくり、ゆっくりと変化していくその姿も魅力の一つです。長期間使用していると徐々に表面がグレーがかってきてアンティークな味わいを感じられますが、ピカッとした輝きがお好みの方は、柔らかい布で拭いたり、市販の金属磨きなどで優しく磨いてくださいね。

「合間」or「水面」あなたはどっち派?

錫がどんな金属か、知って頂けましたでしょうか? 日常生活の中で、気づかぬうちに錫製品に触れている方もいるかもしれませんね♪ では早速、今回発売されたアクセサリーをご紹介していきます。

【kan】「合間」2wayリング&イヤカフ ¥11,900(税込)サイズ:約5.3cm

砂浜に溶け込むこちらのアクセサリーは、リングにもイヤカフにもなる2way仕様になっています。主張しすぎていないのに、存在感のある丁度良いボリューム感と、透き通るような上品な輝きがなんとも魅力的。どんな肌色にも馴染むこと間違いなしです。

通常のリングではサイズが合わなかったり、決まった指しか着けられないなど、使い勝手に困ってしまうこともありますが、手で簡単に形を変えられるので、きつい!ゆるい!なんて悩む事もありません。

水に濡れても錆びにくいことが特徴の錫は、海水浴や、水に触れる機会の多い主婦の方はもちろん、小さなお子様がいて衛生面が気になるけどオシャレはしたい! というママさんにも、殺菌作用があるので安心のアクセサリーとなっています。

【kan】「水面」ペンダント ¥9,800(税込)サイズ:ペンダント 約2.3cm、 チェーン 約55cm

独特な形をしたこちらのペンダントは、水面のように滑らかに波打ったデザインが特徴。先ほどの「合間」同様、透き通るような輝きに加え、光と影のバランスが立体感を生み、非常に美しい仕上がりとなっています。

ペンダントの直径は2.3cmと、パッと目につく大きさとなっています。色々な場所へ行く度に、光沢のある表面に様々な風景が映し出され、まるで思い出を記録するような、そんな特別な存在になることでしょう。

手掛けたのは、400年の歴史を持つ「能作」

富山県高岡市で金属加工メーカーを営む「能作」。通常、錫以外の金属を加え硬度と切削性を高めますが、能作は高い鋳造技術によって他の金属は一切加えず、純度100%の錫製品を作成していることが魅力。能作が得意とするその技術は、高岡市に古くから伝わる技術で、その歴史は400年にも渡ります。

高度な技術を駆使している能作だからこそ、今作のように繊細で美しい作品を作り上げることが可能となったのです。アクセサアリーの他にも、金属の特性に合ったキッチン道具や仏具などを作成しています。

国境を越えたデザイナーと共に

今作のデザインは、中国在住のデザイナー、シュエ・ジャンニーが手掛けたもの。シュエ・ジャンニーは、2015年にローマの美術大学を卒業し、2017年にはフィレンツェのLe Arti Orafe Jewelry School & Academyでジュエリーデザインを学びます。その後、アクセサリーブランド「L'ELEMENTO」を設立。L'ELEMENTOは、自然からインスパイアを受けた独特な世界観が特徴で、中国だけでなく世界中から高く評価されています。

今作品も、「貝」からインスパイアを受け、家族に感謝しながら一人強く歩んできた自身の人生と、家族の元を離れ大きな海に抱かれながら孤独に生きる貝を重ね合わせたそうです。余談ですが、筆者もL'ELEMENTOの公式サイトを覗いてみたところ、光や影、色使い、形状など、全てが幻想的で独特なデザインとなっており、吸い込まれてしまいそうな感覚に陥るほど魅力的な作品の数々が掲載されていました…。皆様も是非ご覧あれ。

お問い合わせ先:公式サイト

自分だけの形と色を味わって

今回は、kanが発売した、錫を使ったアクセサリーをご紹介しました。「錫」という金属はは、初めて聞いた方も多いのでは?あまり主流ではないことに加え、自分で形を変えられるという性質がある錫は、それぞれの個性を活かせる素敵な金属です。

そんな錫と、シュエ・ジャンニーの独特な世界観、そして信頼された能作の技術、たくさんの想いと技術が詰まった「合間」と「水面」は、あなたの生活により一層特別なものにしてくれることでしょう。

Writer:Aya

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.