働く日本のビジネスウーマンの皆様、本日もおつかれ様です! 今回は、新人の頃にマナーをみっちり叩き込まれた方も多いかもしれない、エレベーターマナーについてもう一度おさらいしてみましょう。スムーズなマナーで、これであなたも更にデキるビジネスウーマンに?!

新人にとって密室の緊張、それがエレベーターマナー。

上司との外回りや、お客様のお見送りなど。エレベーターって日々のビジネスシーンでよく登場しますよね。筆者も新人の頃はひたすら誰よりも早くボタンを押さねば! と小走りしたものです(遠い目)。
そんな、新人にはちょっとした緊張が走るエレベーターでのマナー。今回は主に「乗るとき・降りるとき」「上座・下座の位置」についておさらいしていきましょう。最後にその他のエレベーターに関する基本マナーについても、まとめて一緒に確認していきましょう。

乗る前~乗るとき

エレベーターでは、原則は降りる人を優先します。もしも到着したエレベーターから人が下りてきたときは、人が降りきってから乗り込むようにしましょう。また、エレベーターを待つ間は扉の前に立たないのもマナー。
もしも自分が最も年少者でボタン操作をしようと思っている場合は、ボタンのある側で待機していると次の動作がスムーズでしょう。到着したエレベーターに乗ったら、「開」ボタンで扉を開けたままにして、目上の方やお客様に軽く会釈して”どうぞ”と乗車を促します。

降りるときは、開ボタンを押したまま待機し、上司やお客様に先に降りていただきます。

エレベーターでの上座・下座の位置

エレベーター内にも上座・下座があります。エレベーターでの上座は、エレベーターホールから見て一番左奥。これは西洋の伝統である「右(向かって左)上位」の思想に基づいているから。
基本的には①エレベーターホールから向かって左奥が最も上座 ②向かって右奥が2番目に上座、横に3人並ぶ場合は①と②の間が3番目に上座となります。

一番下座は操作盤の位置です。操作盤の位置がエレベーターホールから向かって左にある場合は、そこが最も下座 となります。

その他のエレベーターマナー「基本のキ!」

携帯で通話しない!

エレベーター内は密室です。声が響きますし、会話している相手の声も漏れ聞こえやすくなります。周りの方々の不快感が増してしまいますので控えたほうがよいでしょう。

会話はNG

携帯で通話をしないのと同様の理由で控えたほうがよいでしょう。また、エレベーターは色々な方が利用します。もし、社外に漏れてはいけない仕事の話をたまたまエレベーターに同乗していた他社の人に聞かれたら? マナーとしてNGというだけではなく、情報漏洩の観点からもエレベーター内での会話は控えたほうがよいでしょう。

扉が閉まるまで丁寧にお辞儀をしてお見送り

もしも訪問されたお客様をエレベーターまでお見送りする場合は、対応者が複数人いて余裕があるのであれば、1名が先にエレベーターを呼んでおくとスムーズでしょう。
お客様がエレベーターに乗り込まれたら、扉が閉まるまで深々と最敬礼で頭を下げ続けます。丁寧なお辞儀で礼を尽くしたお見送りをしましょう。反対に見送られる際も、扉が閉まるまでお辞儀をするのが一般的。ただし、扉が閉まるまで間延びしたり混んでいてお辞儀できない場合もあるので、ケースバイケースで適切に判断しましょうね。

日常の何気ないワンシーンであるエレベーター。だからこそ、サッ!とスマートにできるとかっこいいですよね。

Writer:SHOKO.S

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.