大人になってからふと気づく「あれ・・・?実はよく知らないかも」ってこと、意外と日々の暮らしの中でたくさんあるんですよね。今回はショートケーキの食べ方についてお話しましょう。これで明日からあなたもマナー美人♡

意外と知らないテーブルマナー

知っていそうで意外と知らないものってたくさんありますよね。テーブルマナーもそのうちの一つ。何も最上級のマナーじゃなくても、日常の中でごく普通に必要となるテーブルマナーでも、意外と知らないことって多いかも。今回はその中でもショートケーキの食べ方について一緒におさらししていきましょう。この記事を読み終わった頃には、カシコ美人な所作で美味しくケーキを食べられちゃうかも。

セロファンは手で取らないで!

セロファンの剥がれ目にうまくフォークをしのびこませて、くるくると巻き取りましょう。

やったーショートケーキだぁ~!ペリペリペリ~! ・・・ってちょーっと待ったぁ!
セロファンは手ではがすと手に生クリームがついたり、せっかくのケーキの形を崩す原因にもなります。

セロファンのはがし方マナーは、フォークを剥がれ目に入れて内巻きでくるくると巻き取っていきます。巻き取ったセロファンは、フォークをうまくつかってお皿の端っこに邪魔にならないように置いておいてくださいね。

フォークは垂直に立てて倒す

では、きれいにセロファンを巻き取ったらさっそく食べていきましょう。よくやりがちなのは、フォークを横にねかせて押し切る方法。これはあまり美しいとは言えません。

今度からは、フォークは垂直に立て、倒す。と覚えてください。フォークはケーキに対して垂直に立てて入れ、そこから自分の方に倒して(寝かせて)切ってください。こうすると必要以上に力を加える必要がなく、綺麗に食べることができます。また食べはじめは、素直に先端からいただいてくださいね。

ちょんっと乗った果物も立派なデザインの1つです

自分が長子か末っ子かで答えが割れるという“ショートケーキのイチゴは先に食べるか後に食べるか”問題。マナー的には“食べる流れに沿う”が正解です。ケーキを端から順に食べてていき、果物のところにきたタイミングでフォークで刺していただくのが美しいマナーです。果物も味と見た目のデザインの一部。自然な流れで味わっていただくのが良いでしょう。

また、フォークをスプーンのように使ってすくうと不安定なバランスになるので、フォークは刺して使いましょう。もしもバランスが不安定で落ちてしまいそうなのであれば、いったんフォークですくってお皿の上に置いたのち、刺し直して食べてもOKです。

後半は面倒くさがらず一口大に切り分けて、最後まで美しく

後半になると、高さはそのままに幅が広くなってくるので、一口で食べるのが難しくなってきます。
その場合には、上段と下段の2段に分けて一口目と同様の食べ方をしていってください。基本フォークは刺すものという意識と、面倒くさがらず一口大を意識することが美しくいただくコツ♡

いかがでしたか。ちょっとしたことに気を付けるだけで、所作美人は作ることができるんです。マナー上手なカシコ美人を目指しましょう♡

Writer:SHOKO.S

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.