日差しが強い紫外線対策には、日焼け止めを塗ったりUVカット素材を着たりして対応しているという声をよく聞きます。しかし意外と見落としがちなのが「目のケア」です。紫外線は皮膚からだけでなく、目からも吸収されてしまうのです。気をつけておかないといつの間にかシミができてしまうことも。サングラスを手に入れて、しっかりと目の紫外線対策をしましょう。

オシャレのワンポイントに♪

【BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS】サングラス 16,500円(税込)【miette】アシメドレープTシャツ 3,949円(税込)【miette】パンツ 参考価格2,000円~5,000円(税込)【WHO'S WHO gallery】ショルダーバッグ 5,390円(税込)

サングラスは日差しを防いでくれるのはもちろん、ファッションとしても楽しめるアイテム。シンプルなカットソーにボトムを合わせるだけで、一気にこなれた印象に。さらに帽子やバッグをプラスして、お出かけにぴったりなコーディネートが完成。

フレームの色にもこだわりを!

【Burner】サングラス 1,650円(税込)【SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH】シアーバンドカラーシャツ 4,290円(税込)【Honeys】タンクトップ 998円(税込)【CIENA】シャイニープリーツスカート5,390円(税込)【polcadot】ハット 4,070円(税込)

顔まわりの印象を大きく変えるサングラスは、形や色にもこだわりたいところ。明るいベージュのフレームなら、キツさが押さえられ優しい印象になります。フレームと洋服のトーンを合わせれば、サングラスが浮くことなくコーディネートにマッチします。

アクセ感覚で身につけてみよう

【green label relaxing】サングラス 3,520円(税込)【Champion】Aラインワンピース 6,490円(税込)【green label relaxing】かごバッグ 7,590円(税込)【PLAKTON】フラットサンダル 8,690円(税込)

日差しが強くないときは、アクセサリーのように身につけて使用するのも◎。胸元にかけておくだけで、シンプルなワンピースが一気にリゾートスタイルになります。かごバッグやぺたんこサンダルなどの、他のアイテムとも相性抜群です。

リゾートシーンだけでなく、普段の服装にサングラスを取り入れるとオシャレさんの仲間入りって感じがしますよね。ドライアイや白内障などの病気予防にも効果が期待されているので、ぜひサングラススタイルも楽しんでいきましょう!

※すべての商品情報・画像はWEAR出典です。
※各商品はセール品などを含む販売価格を元に選出しております。

Writer:Anchan


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.