ここ数年、美容好きの間で話題になっているHIFU(ハイフ)。「切らないリフトアップ」なんて言われていますが、お手軽な価格で気軽にトライできるエステサロンの「美容系ハイフ」と、費用はかかるけど結果重視のクリニックで行う「医療系ハイフ」、どちらにすればよい?と迷いませんか?「とりあえず興味はあるけど…」という方への参考に、美容ハイフをマジメに3回試した感想と結果をお届けします(^^)

はじめてのHIFU(ハイフ)でオススメは?

ハイフについてネットで調べると必ず出てくるのが、ハイフによる肌トラブル。「しびれが出た」とか「火傷のリスクがある」など、大丈夫?と言わんばかりの内容が次々に登場しますが、とりあえず分かったのは「美容ハイフ=費用が安くて痛みは弱め。効果がわかりにくい」「医療ハイフ=費用が高くて痛みは強め。効果はわかりやすい」ということ。それならば、安くてリスクが低そうな美容ハイフを何回かやってみようと、1回1万円くらいで受けられるハイフを試してみることに。

ハイフ中は痛いの…?

今回選んだのは、池袋にある「Jerry」というサロン。お値段がお手頃、半個室で施術を受けられる、マッサージがオプションで付けられる…というのが気になり選びました。(ホットペッパービューティーにも掲載されていました)実際に施術してくれるスタッフさんのお肌が、とてもキレイでツルツル!ハイフができる部位とできない部位、それぞれしっかり説明してくれたのも安心ポイントでした。

そして美容ハイフの痛みですが、出力を数段階に変えられるので「痛い」と感じたら、その場ですぐにレベルを下げてくれます。痛みの感覚としては、細かなレーザーシャワーを浴びているようなチクチク系という感じでしょうか。ピアスが開けられない、注射や点滴が大っ嫌いな私が何とか耐えられるので、注射や点滴が大丈夫という方であれば、美容ハイフの痛さは大丈夫かな?と思います。(※個人差はあると思います。)

美容ハイフ3回試した結果は?

お手頃プライスの美容ハイフを3回行った結果がこちらです。自分では気付かなかったけど、フェイスラインがシュッとしていました!これはビックリ!洗顔やメイクの時に鏡で自分の顔を見ていますけど、ここまで変わっているとは思いませんでした。

ハイフの効果もあると思いますが、個人的に「素晴らしい」と思ったのが、ハイフを照射した後のフェイシャルマッサージ!ハンドマッサージによる手の温もりで癒されますし、ハイフ当日、すでにフェイスラインがスッキリしたような気がしました。美容ハイフは医療ハイフに比べて効果が薄い…と一般的に認識されていますが、全く効果がないワケではないようです。あくまでも個人の感想ですが、1回1万円前後でこのくらいの効果が得られるのなら「アリ」ではないかな?と思います。

20代の女の子もハイフでリフトアップする時代

ハイフは「シミ」への効果は薄いとされており、「たるみ」「引き締め」などリフトアップがメイン。30代以上のお客さまが多いのかな?とお店の人に聞いてみたら、意外にも20代の女の子がけっこう通っているそうです。

年齢が若くても乾燥でほうれい線が目立ったり、過度なダイエットで筋力が低下したなど理由はいろいろあるそうですが、最近だと、スマホの使い過ぎで無表情になってしまうのも「たるみ」を進行させる原因のひとつでは…?と感じています。

自分のお財布事情と相談しながら、何を選択するのか、何を優先するのか、美容についてじっくり考えてみてはいかがでしょうか♪

@izumi_tabism

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.